どれだけ商品にこだわりがあっても芸術品を作ることはできません

縫製工場は、アパレル商品を大量生産するのが基本的な営業スタイルです。アパレルブランドを立ち上げたい人は、自分のブランドに対して強い思い入れがあって、こだわりも強く、商品の品質に対して、とても強い要求をされる場合があります。

しかし、縫製工場と言うのは、ほとんどが人の手で商品を縫製するので、出来上がる商品にはある程度のバラツキが生じます。このバラツキを認めてもらわないと、商品の量産は出来ません。
ほとんど機械によって加工される商品の場合は、バラツキの幅も少なく、ほとんどが同じ商品としてアウトプットされますが、人の手加減次第でどうにでもなる縫製品の場合は、ある程度のバラツキはどうしても発生します。
もしも、バラツキの無い商品を希望されると、それは工業製品では無く、芸術品になってしまい、加工の単価も跳ね上がります。

商品のバラツキをどこまで認めるか

商品として出来上がったもののバラツキの範囲をどこまで許容するのかは、とても重要なことだと思いますが、バラツキの範囲は縫製工場に品質基準があると思いますので、ある程度の範囲で収まるように生産してもらえるはずです。

届いた商品にあまりにも大きなバラツキがあある場合は、縫製工場に連絡して、商品の修理を依頼しましょう。商品のバラツキば出来れば画像などをメールで送信して、縫製工場と情報を共有するようにしましょう。縫製工場も納得できるバラツキであれば、修理をしてくれるはずです。

ただ、ここで、発注者と工場との間で、バラツキの許容範囲に差が生じてしまうと、トラブルに発展しかねないので、本番の生産に入る前に品質基準については、十分に確認して、納得しておくようにしましょう。縫製工場も悪意を持って、不良品を納品するようなことは無いので、検査での見逃しなどがほとんどだと思いますので、話し合えば、納得してもらえるはずです。