リアル店舗とネット通販の違いは生地の質感が伝わらないこと

コロナ禍で、店員と対面するブティックなどの衣料品販売店は大打撃を受けています。一方、対面の無いネット通販は好調のようです。

アパレルブランド立ち上げを考えている人にとっても、最も大きい販路として考えているのが、ネット通販だと思いますが、ファッション関連の商品の場合、実際に商品を手に取って確認することが出来ないネット通販の場合、記事の質感や厚みや透け感、シルキーなのかゴワッとした触感なのか、生地に触ることが出来ないので、商品が届いてからイメージと違っていたと言うことになると、同じショップを利用してもらえなくなる可能性があります。

リピート顧客はとても大切なので、始めて購入した商品に満足してもらえるように十分な説明や画像や動画なども活用して伝えるようにしましょう。

例えば、生地がどの程度透けるかは、生地の裏に違う色の紙などを入れて、どの程度下の色が透けるかを見せたり、生地がシルキーがゴワッとした感じかを伝えるには、マネキンに服を着させて、扇風機で風を当てて、服が風に吹かれてどの程度ヒラヒラと動くかを見せれば、どの程度の生地が薄くシルキーなのかの判断が出来ます、ユーザーに購入してから、残念と思わせない工夫は他にも色々あると思いますので、自分が作った商品をユーザーに余すことなく伝えるようにページを作りましょう。

ユーザーに商品の良さを出来る限り伝えようとする真摯な態度はユーザーに好感を持って受け入れられるはずです。

質感を伝えるための最大限の努力は、ショップの運営姿勢としてユーザーから評価されるはずで、好意的に評価され、ファンを獲得することにもつながります。