アパレルブランド立ち上げに際して、許可などは特に必要ありません

個人事業主として開業する場合は、商号を決めて税務署に開業届けを提出する必要があります。

ブランドは商標登録しましょう

次にブランドを決めるのですが、自分で決めたブランドがすでに他の会社が商標登録していれば、使えません。バレなければ良いと思って使う人もいますが、もしもバレたら商標権を持っている企業から損害賠償を請求される可能性がありますので、事前に調べて登録されていない商標にしましょう。また、ブランドがある程度認知されて売り上げも上がるようになってから、商標権の問題が発生して、その商標が使えなくなってしまうと、せっかく認知されて売り上げも上がり始めたブランドを最初から構築し直さなければいけなくなります。

損害賠償も大変なことですが、育ち始めたブランドを捨てて一から別のブランドを育てることはとても大変なことです。本当にブランド立ち上げを考えているのなら、商標登録は確実にしましょう。登録商標を調べる方法は、J-PlatPat 特許情報プラットフォームで調べることができます。「商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務」が同一で無ければ同じ商標でも登録可能です。他社が登録していなければ、ブランドロゴも作成して、弁理士さんに商標登録を依頼しましょう。商標登録が完了したら、ブランドタグを作成します。ブランドタグには織ネームとプリントネームがあります。

デザインが決まったら型紙を作成します

商品のデザインが出来たら、型紙の作成をパタンナーに依頼します。パタンナーに依頼しない場合は商品の生産を依頼する縫製工場に作ってもらいましょう。型紙を作成する場合は、仕上がり寸法が決まっていないと作れませんが、詳しく分からない場合は、パタンナーに標準的な寸法を聞いて、そこからプラスマイナスすれば良いでしょう。ただ、型紙は生地が決まっていないと作成できません。それは、伸び縮みしない布帛生地と、伸び縮みするニット生地では型紙が違うからです。

洗濯表示ネームには販売者の住所と電話番号を記載しないといけません

洗濯表示ネームも作らないといけません。洗濯表示の法律が変わりました。品質表示ネームには製造者又は販売者の住所と電話番号を記載しないといけません。洗濯表示の内容は生地を買う時に教えてもらいましょう。洗濯表示も縫製工場で手配してもらうことも可能です。

次に生地を手配します。生地も縫製工場で手配してもらうことも可能な場合もあります。

サンプル制作

縫製工場にサンプル発注します

後は、仕様書を作成できれば完璧です。仕様書は肩幅や身幅、袖丈などの寸法と、縫い合わせる部分をどんなミシンで縫製するのか指定できれば完璧ですが、縫製するミシンについては縫製工場に任せても良いでしょう。肩幅や身幅、袖丈などの寸法が分からない場合も「一般的なMサイズで」と言った感じでの発注でも大丈夫です。

縫製工場では、本生産の前に初回サンプルが先に上がって来ます。「この状態で量産します」と言う確認のためです。この時点で修正したいことは縫製工場に伝えましょう。修正後のサンプルを確認したい場合は再度サンプル提出の依頼をします。この段階で妥協すると、自分が思っている商品とは違うものが上がって来ますので、サンプル確認は確実に行いましょう。ただ、縫製は手作業なので、量産した時のバラツキはどうしても発生します。特にこだわる部分がある場合はその部分の許容範囲がどの程度なのか、縫製工場に事前に確認して納得してから量産のGoをかけて下さい。

サンプルが出来上がったら写真撮影です

実際のサンプルが出来上がったら、ネットで販売するための服の写真撮影しましょう。プロに頼むのも良いですが、自分で撮影する場合は、背景は一色で光源は一種類(蛍光灯と太陽光など二種類以上にならないように)でレフ板も用意して光源の反対側から商品を照らす感じにして出来るだけ立体的に撮影しましょう。

大量発注しないことが成功のポイントです

縫製工場に見積もりを取ったら予想外に高くて、安くするためには発注量を増やして欲しいと言われることもあります。原価が高いからと初回発注を増やすと、初回オーダーを売り切ることが出来ずに不良在庫になってしまい、その時点でアパレルブランドを立ち上げる仕事は終了してしまいます。原価が高くて利益がほとんど取れなくても、確実に初回オーダーを売り切ることが重要です。初回発注を大量にしてしまうことはとても大きなリスクになります。

ホームページの準備をします

販売価格を決めたらホームページの準備をします。レンタルサーバーを借りて、WordPressWelcartのプラグインでショッピングサイトが開設できます。All in One SEO Packのプラグインもしてtitleやdescriptionに検索で訪れて欲しいキーワードを記入しましょう。htmlで一から作るよりも、Wordpressのテーマからカスタマイズする方が簡単に出来ると思います。Wordpressのカスタマイズについてはネット上にかなり載っていますので、不明なことは検索すれば、ほとんど分かります。Googleは画像の中身を理解しません。評価するのは、テキストとリンクだけです。テキストがある程度の量がないと、GoogleはそのWEBサイトの価値を評価しません。デザインにこだわったWEBサイトはどうしても美しい画像ばかりで構成されますが、1ページあたり2000文字程度は必要です。アパレルブランドを立ち上げるにあたってこだわったことやユーザーにとって嬉しい情報を出来るだけ多く記載して、検索で訪れて欲しいキーワードを含めて文章でページを作りましょう。

一つの商品を作り上げるのにこだわったことを出来るだけ具体的にユーザーに納得してもらえるように公開しましょう。titleやdescriptionと本文にキーワードを含めたページを作り続ければ必ず検索で上位に表示されるようになります。詳しくはネットショップ開業をご覧下さい。

アパレルブランド立ち上げをサポートする縫製工場のバーチャル団地