縫製工場がホームページを開設する目的

縫製工場がホームページを開設する目的は、新規受注の獲得か、人材の確保

縫製工場がホームページを開設する目的は、大きく分けて2つだと思います。1つは少しでも取引条件の良い新規取引先を獲得すること。もう一つは新たな人材の獲得です。

どちらも縫製工場にとっては切実な問題で、ホームページを開設することで問題が解決出来れば、とても良いことですが、実際には、そんなに簡単なことではありません。

新規受注の獲得には「縫製工場」のキーワードで上位表示が必要です

新規受注を獲得するには、ユーザーが検索しているキーワード「縫製工場」の検索結果で上位に表示される必要があります。新規でドメインを取得して、ホームページを開設する場合は、ドメインがGoogleから評価される期間(6ヶ月~1年程度)は上位に表示されません。このGoogleから評価される期間に縫製工場としての強みや他社と差別化出来る技術や仕事への取り組み方、高品質を実現できる裏付けやコミュニケーションがスムーズに行えることなどをユーザーに分かりやすく丁寧に記載する必要があります。

検索結果で上位に表示させることは簡単なことでは無く、ほぼ毎日1ページ、2000文字程度のコンテンツを追加するくらいの気持ちが無いと上位に表示することは難しいです。2000文字もゴミみたいな内容では無く、一貫して、縫製工場のことについて記載されたコンテンツが必要です。

これだけのコンテンツを継続して掲載するには、ホームページ担当者にある程度の時間を与えないと実現しません。

ホームページ制作会社から納品されたホームページを放置しておていも、お問合せが入ることはありません。

社内で、かなりの努力が必要で、経営的にギリギリの工場が多い縫製工場では、なかなか人材を投入することが出来ないと思います。しかし、新規取引先を獲得するには、ホームページが無いと現在では、ほぼ無理な状況になっています。

ホームページに新規取引先が知りたいと思う情報をくまなく記載することで、お問合せから新規受注の獲得までの時間を大幅に短縮することが可能になります。ホームページに新規取引先が知りたいと思う情報を漏れなく記載していると、実際に面談して聞くことが僅かで済みますので、新規取引先の意志決定の大きな助けになります。

「縫製工場」のキーワードで上位に表示させることは容易ではありませんが、時間を掛けて取り組むことによって目的は達成出来ます。「縫製工場」で上位に表示するためには、タイトルに必ず「縫製工場」を含めるようにしましょう。

縫製

人材確保はSEOでは無理

人材確保はすでに求人のポータルサイトが検索結果の上位を独占しており、そこに割って入ることは不可能です。SEO(検索エンジン最適化)を行っても、ホータルサイトを打ち負かすことは絶対に出来ません。

人材確保にホームページを利用する場合は、求人ポータルサイトからのリンクやハローワークで求人票を見た人が、企業名で検索した時に検索結果に表示されて、待遇面や働き甲斐などについて詳しく記載することです。

自分が作っている商品がどんな製品に使われているのか分からない、部品の製造工場よりも、エンドユーザーが直接買い求める商品を作ることは、働き甲斐になりますし、色んなデザインの商品を作る中には、自分も好きなデザインの商品があったたりもします。

また、女性同士が働く職場の人間関係も求職者にとっては不安材料だと思います。そのような不安の無い職場に出来ているのであればそのことも記載して、安心して面接に臨めるような内容を記載するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です